見た目の問題を外壁塗装で改善!専門業者に頼んで建物を守ろう

刷毛

外壁塗装が必要となるワケ

外壁塗装が必要なのは見た目の問題もありますが、それよりも大事な建物を守って長持ちさせる目的の方が強いです。日光や風雨など、建物は常に厳しい自然環境にさらされています。また海の近くにある家では潮風による塩害に、交通量の多い家では排ガスによる汚れに注意しなければなりません。そのような厳しい環境の中で、外壁塗装をしていない建物はすぐに老朽化してしまいます。老朽化を遅らせるためにも外壁塗装は重要なのです。

塗装作業

外壁塗装は専門業者への依頼がおすすめ

外壁塗装工事は高いところに上って作業を行う必要があります。そのため、素人が作業するととても危険であることから、専門業者へ依頼することをおすすめします。またホームセンターで販売している塗料は素人でも扱いやすいですが、専門業者が使用する塗料に比べて耐久性が劣っています。家を長持ちさせるためには、耐久性の優れた塗料が良いので、専門業者に依頼すると良いでしょう。

ローラー

専門業者を効率よく見つける方法

最も効率よく専門業者を見つける方法は、知人に紹介してもらうことです。身近な人が実際に受けた工事内容を、確認してから依頼できるのでとても安心です。もし紹介してもらえる知人がいなければ、インターネットの一括サイトを活用する方法があります。複数の業者を一括して紹介してもらえるので、事前の情報収集がとても簡単で効率的です。

専門業者を探す時に注意するポイント

塗装作業

雨の日に作業をするか

雨の日は雨水が塗料に混ざってしまうため、品質が低下することから塗装工事を行わないのが一般的です。しかし中には工期を早く終わらせようとして、雨の日でも無理に作業をする業者がいます。外壁塗装の品質を落とさないためにも、雨の日に作業する業者かどうかを確認しましょう。

足場設置を軽視していないか

外壁塗装工事は足場を組んで作業が行われます。足場を組むにもコストがかかり、住宅1棟当たり20〜30万円程度するといわれています。業者の中には足場価格無料などとアピールしているところがありますが、足場施工コストを抑えるために足場を軽視している可能性があります。不安定な足場では重大な事故を起こす可能性があるため注意が必要です。

目的別で業者を選ぶ

屋根塗装や外壁塗装など、塗装工事を行う目的は人それぞれです。世の中には様々な塗装業者が存在し、それぞれに得意分野が異なります。業者が得意としていることと、塗装工事を行う目的とがマッチしていないと、塗装工事が失敗する可能性があるので注意が必要です。

必要以上に不安をあおらない業者を選ぶ

塗装業者の中にはやたらと不安をあおって、工事をせかすところがあります。優良業者は不安をあおって、塗装工事の契約を取ることはしません。優良業者は施主が納得した上で工事の契約を結んでくれます。見積もりなどを取ってもらって、納得がいかなれば別の業者を選びましょう。

見積もりの資料が分かりやすい業者がおすすめ

優良な塗装業者は、見積もりの資料作成にも手間と時間をかけてくれます。そしてその内容は、施主にとって非常に分かりやすい内容となっています。また見積書の内容には鉄部ケレンなど、素人には分かりにくい業界用語が記載されることが多いです。このような業界用語についても、分かりやすく説明してくれる業者を選ぶと良いです。