HOME>アーカイブ>外壁塗装依頼前に必要な知識をチェック!塗料の種類などを知ろう

外壁塗装依頼前に必要な知識をチェック!塗料の種類などを知ろう

ローラー

外壁塗装に使用される塗料の種類

外壁塗装に使われる塗料の種類としては、アクリルやウレタン、シリコンやフッ素などがあります。塗料のグレードとしては、フッ素・シリコン・ウレタン・アクリルの順となります。グレードが高い塗料になるほど、耐久年数が高くなります。

シリコン塗料とウレタン塗料の違いって何?

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料は耐熱性や耐候性が高く、しかも汚れが付きにくいという利点があります。ただしウレタン塗料に比べると、費用が高めという弱点があります。

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料は塗膜に肉もち感と光沢感があるため、見た目が高級感あふれる仕上がりとなります。一方でシリコン塗料に比べると紫外線で変色しやすいという特徴があります。

外壁塗装のことで困ったら業者に相談

外装塗装は高い所での作業を必要とし、専用の塗料を用いなければなりません。そのため、素人が外装工事を行っても、長持ちする塗装は難しいかもしれません。もし外装塗装のことで疑問や悩みがあれば、外壁塗装の専門業者に相談することをおすすめします。

外壁塗装の依頼から工事までの流れ

塗装作業

まずは業者に問い合わせ

外装工事のことで相談があれば、まずは問い合わせてみましょう。電話やFAXやメールなど、連絡がつきやすい方法を選びます。親切な業者であれば、すぐに担当者から連絡がきます。

現地調査と見積もり作成

業者と調整のうえ、現地調査の日程を決めます。現地調査の診断を基にして、見積もりを作成が行われます。見積書には工事内容や費用などが記載されます。見積もり内容をチェックして、工事の依頼を検討します。

工事の申し込みと近隣へのあいさつ

見積もりの内容に納得できれば、工事申し込み手続きを行います。またそのときには、契約約款等についての説明があります。工事前には近隣住民へ挨拶に行きます。挨拶は業者だけでなく施主も行うと、悪いイメージはなくなります。

着工金の支払いと工事着工

工事が決まると工程表が施主のもとに届けられます。その際に工事着工金の支払いが求められるので、期日までに支払いを済ませます。支払いを確認したのち、工程表に基づき工事が進行されます。