HOME>コンテンツ>古びた家も生き生き!外壁塗装を東京の業者に依頼しよう

古びた家も生き生き!外壁塗装を東京の業者に依頼しよう

塗装作業

外壁塗装の種類や効果

新築の住宅でも、10年がすぎると外壁にほころびが見られるようになります。そのままにしておくとヒビ割れが大きくなり、雨水が染み込んでくる恐れもあります。東京の外壁塗装業者にお願いして、早めに塗り直してもらうことをおすすめします。使われる塗料にはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴を知った上で注文するのがベストです。あらゆるシーンで使われているのは、シリコン塗料と呼ばれるものです。耐久性に優れており、価格とのバランスも良いため選びやすい塗料と言えるでしょう。家の汚れが気になる方には、フッ素塗料もおすすめです。こちらは表面の撥水性に優れており、雨水やホコリ等からできる汚れが付きにくい仕様となっています。夏のエアコン代が気になるなら、遮熱塗料も検討してください。室内の温度上昇を防いでくれます。

作業員

外壁塗装にかかる費用や相場

業者に外壁塗装をお願いすると、実際に住まいを訪れた上で見積もりが行われます。これは家の大きさや外壁の占める割合などによって、使う塗料の量が変わってくるからです。さらに施工時には家の周囲に作業用の足場を組みます。これらを合わせたものが、東京の外壁塗装業者に頼むときの費用となります。平均的な30坪程度の住宅の場合、外壁塗装にかかる費用の相場は80万円ぐらいと考えておくと良いでしょう。これは最もよく使われるシリコン塗料で塗った場合で、より安価で施工できるアクリル塗料やウレタン塗料を指定すると、10万から20万円ぐらい安くなります。一方で機能性塗料を使って外壁塗装を行う場合、さらに10万円程度の費用が加算されます。もちろん業者によって費用も変わるため、複数の見積もりをとって実際の相場を知ることは重要です。